素敵な快眠生活を送るためのレシピ

睡眠の質を上げるためにどうしたら良いか

睡眠の質を上げたいと思う人も多いかと思います。
では、実際に睡眠の質を上げようと思った時はどうしたら良いかというと大事なのは寝具を自分に合ったものにすることです。

実際睡眠の質が低いと感じている人のほとんどは寝具が自分に合ってないというのがあって睡眠の質がかなり低くなっているというのがあります。
なので、睡眠の質を上げたいと思うならまずはしっかり寝具を自分に合ったものにする必要があります。

実際に寝た時に体が痛いと感じるようならその寝具は合ってないです。
なかなかどういう寝具にしたら良いか分からないという人もいるかと思いますが、ポイントは実際に使った時に違和感がないというのがポイントです。

また、これに加えて大事になるのが夜中になったらできるだけ早く眠ることです。
なぜなら、できるだけ早く眠ることでより上質な眠りとなり起きた時もかなりすっきりできるからです。

夜更かしをすればその分だけ睡眠の質は下がるので注意した方が良いです。

睡眠の質を上げるためにはお風呂の際には湯船に浸かるようにする

睡眠の質を上げるには、お風呂での過ごし方が非常に重要と言えます。
したがって、毎日入るバスタイムに関しては、しっかりと考えておかないといけないのです。
では、具体的に何が重要なのか?というと、きちんと湯船に浸かって身体全体を温めるということが必要です。
冬などの寒い季節は多くがやっていると思われますが、夏などの暑い季節は湯船に浸からない人が一定割合生まれると思います。
どうしてもシャワーだけで終わりという人がいますけど、これは睡眠の質が下がる原因になると言えるでしょう。
湯船に浸かると全身が温まりやすくなるため、血行が良くなる状況が起き、その結果としてリラックス効果が発生します。
心身がリラックスできれば、スムーズに眠りにつくことがしやすく、さらにぐっすりと眠ることが可能になるため、睡眠の質は確実に上がるでしょう。
だから、適度な温度の湯船に浸かることを意識していくことは、毎日の質の高い睡眠を確保するために非常に重要と言えるので、覚えておくといいと思います。

午後4時以降のカフェイン断ちで睡眠の質を上げる!

ぐっすり眠れない、寝つきが悪い、眠っても寝た気がしない、眠ってっも目が覚めやすい…こんなに疲れているのに。
睡眠の質に関する悩みを持つ人に、年齢は関係ありません。
何らかの病気を抱えている場合を除いて、たいていの場合、カフェイン飲料を昼夜気にせず飲んでいることが多いものです。

睡眠の質を下げてしまうカフェイン飲料の代表は、嗜好品でもあるコーヒーです。
習慣性があり、飲むのを我慢することの方がストレスを強く感じてしまうものです。
同様に、紅茶や緑茶にもコーヒーほど強くなくともかなりのカフェインが含有されています。
有名ですが、栄養補給のためのドリンク剤も同様です。

コーヒーには、眠気覚ましだけでなく、頭痛の解消や筋肉疲労の解消、気分を落ち着かせる心理的な効果がり、愛用しているだけに、心身共に疲れたときほど飲みたくなります。
しかし、脳を興奮させる働きは体感する数時間ではなく、もっと長時間にわたるため、就寝する時間より6~8時間近く間隔をあけておく方が望ましいのです。
通常の生活であれば、午後4時以降のカフェイン飲料を口にすることを避けるだけで、睡眠に関する質を向上させることが可能となってきます。

心身ともにリラックスすることが重要

睡眠の質を上げるためには、適度な疲労が必要になってきます。当たり前ですが、全く疲れていなければ、寝ることなどできません。かといって、寝る直前にハードな運動をするのはナンセンスです。そんなことをしてしまえば、アドレナリンが分泌され、興奮状態に陥り、ますます眠気が吹き飛んでしまします。重要なのは、心身ともにリラックスすることです。そのためには、程よい運動によって、程よい疲労感を作り上げてやる必要があります。お勧めなのは、入浴後の適度なストレッチとマッサージです。入浴後というのは、体が温まっており、いわば弛緩状態にあります。この状態でのストレッチやマッサージは非常に効果的です。体がリラックス状態になりますし、程よい疲労感を作り上げることができるからです。また、気持ち的にもリラックス状態になり、質の高い睡眠が実現することでしょう。朝まで一度も目覚めることなく、ぐっすりと眠ることができ、その日の疲労をその日のうちに回復させることができるのです。