素敵な快眠生活を送るためのレシピ

睡眠が大切な看護師の私が、睡眠の質をあげるために行っていること3つ

夜勤勤務のある看護師の私にとって、睡眠は生活における基本だといっても過言ではありません。短時間で効率的に質の良い睡眠をとらなければ、ハードな仕事に対応できないからです。そのために、私が心がけていること3つについてお話ししましょう。まず1つ目は、良い環境を作ること。肌触りの良い寝具とパジャマ、大好きなアロマ、適度な照明、静かな環境などの確保を心がけます。さらに自分の体形にあった枕や、上質なベッド、布団などを準備できればなお良いでしょう。2つ目は、メリハリをつけることです。休日だからといって、だらだらと寝て過ごしたりせず、いつもより少しだけ遅めに起きる程度にする。また、夜勤明けもすぐに眠らずに、夜まで我慢して、夜になったら、しっかり眠ります。質の悪い睡眠を長くとるよりも、質の良い睡眠を効率的に取ることを優先するのです。3つ目は、眠る前にコンディションを整えること。軽いストレッチを行い、眠りを妨げる行為、例えば気分が高揚するなテレビ番組を観るとか、スマホを長時間いじるとかいった行為は避けるようにします。食事は寝る直前には取らないようにし、どうしてもお腹がすいたら、温かい飲み物を少しだけ取る程度にします。ぬるめのお風呂に浸かってから、布団に入るのもいいかもしれません。このようなことを心がけると、ぐっすり眠れて、朝もすっきり目覚められているように感じます。ただし、自分にあった方法は人それぞれですので、いろいろ試してみてご自身にあった方法を見つけていくのがいいかもしれません。これらを参考に、良質な睡眠で、快適な毎日を過ごしましょう。